kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

療養型病院入院前 家族面談

セカンドオピニオンというのがあるのは、よく分かりますね。

特養でお世話になったクリニックの先生の話と、
急性期の病院の先生の話と、
療養型の病院の先生の話と、

食い違っていることが多々あります。
先生によって、意見(?)が違うのです。

素人としては、迷うばかりですが、
今回は同時にかかっている訳ではないので、その時その時の先生の話で判断しています。

家族面談では、料金の話などをされると聞いていたので、
事務的なことだとばかり思っていたのですが、

担当医になる副院長先生が出てこられ、1時間ほど病状につて話をしました。
今後、こちらの病院でどのように対応していくかというお話でした。

私は、もうそっと見守るつもりでいましたので、
特に治療ということも考えていませんでしたが、
先生は、今後母がしんどい思いをしないで済むためにあえて、今、
積極的な手術を提案されてきました。

え~、そんな選択肢は今までなかったし、考えてもしていませんでした。
先生はこちらの病院に入る前のタイミングで(別の病院で)手術をしたらどうだと言われたのですが、
私には、とても母がそのようなものに耐えられるか、
また、手術前の検査ができるかどうか、
はたしてそれが母にとって良いことか、
転院がギリギリの状態で移動してくるのに、
さらに別の病院で手術だなんて、とても無理に思え、
難色を示していると、一度母の状態を見てからにしましょう。
ということで、とりあえず、入院することになりました。

医療情報は伝達されていますが、それは治療過程が書かれている様で、
あまり、母についての基本情報は伝わっていない様で、
いつから認知症が始まったのかとか、
いつから施設に入所しているのかとか聞かれましたが、
現在、意思表示がないことや、目が何も認識していないこととか、
いろいろ話して、ようやく少しわかってもらえました。
たぶん、もう少し元気な状態を想像していた様でした。

食事が食べれるようになったら、そりゃぁ、私も嬉しいですが、
それに至るには、今の母の場合、沢山の難関があるように思えます。
理想通りにはいかない気がします。

いろいろ難しい選択を迫られるので、いつも困ってしまいます。
自分のことではないことを決断するのは、重いです。

そんなこんなで、また頭がいっぱいの一日となり疲れてしまいました。
でも、とりあえず転院までこぎつけ、前途多難ですがなんとか入院が決まり、
一応役目を果たせて良かったという感じです。
[PR]



by ebisuke1014 | 2014-04-19 10:25 | 介護のこと | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
介護のこと
自分のこと
その他
未分類

最新のコメント

初コメです。 実は..
by きょうこ at 22:19
>miyaさん そだね..
by えびすけ at 11:08
結局みんな寂しいんやよね..
by miya at 13:43
聞いた時はおかしくて笑っ..
by えびすけ at 13:05
うちの祖父もそんなでした..
by miya at 08:32
>もくれんさん まぁ、..
by えびすけ at 10:55
えびすけさん、こんにちは..
by もくれん at 22:44
お返事ありがとうございま..
by えびすけ at 11:31
よっちゃんお肌ツルツルリ..
by ひろちまる。 at 20:12
ご無沙汰です~。ひょっこ..
by ebisuke1014 at 23:31

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧