kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

覚書(怒涛の一週間)その1

いろんなことを忘れそうになるので、記憶が鮮明なうちに、記録しておこう。

母が亡くなってからの1週間、あっという間に過ぎ、
父の時もそうだったが、その頃の記があまりがない。大変な時ほどそうだ。

1月13日 AM10:20頃病院から電話が入る。
出社していたため、大慌てで自宅に帰る。
帰る道中で、主人・姉・近所の親戚へ連絡を入れる。

帰宅後すぐ近所の親戚達と病院へかけつけるも間に合わず。
電話を受けたほんの10数分で息をひきとったらしい。

あまりの間に合わなさに、諦めもつく。
がっかりはしたが、短時間であったことに安堵もあったりする。

昨晩も顔を見ていたし、親戚達も前日に皆会っているので、
良かったのでは ないかと思う。

医師から説明&確認があった。
苦しまずにすっと逝ったとのことで、それが何よりの安堵となった。

そのあとは、迎えの手配、葬儀の手配等をしながら、病室で待機。
(病院側は急かしている訳ではないのだろうけれど、
やたらと迎えの時間を決まったら知らせてくれと言っており、
親戚達は、迎えの手配等を病院側がノータッチなのを愚痴っていたが、
私には何が普通なのか分からないので、何とも思わなかった。)

話は前後するが、私たちが到着後しばらくしてすぐ、
湯灌してくれ、死装束に着替えさせてくれ、死化粧を手早くしてくれた。

私が病院に到着した時、まだ体は暖かかった。
いつも硬直していた手も、ゆったりとリラックスしていた。

姉は想定通り、すぐにかけつ けることはできず、
もうじき迎えの車がやってくるという時間が近づきハラハラしたが、
とりあえず間に合ったらしい。まだ体もあたたかいうちだったそうだ。

一旦自宅へ母を連れ帰ることになったため、
私は準備のため一足先に病院を後にしたので、姉には会えなかった。

母を自宅へ連れて帰るのは、親戚と姉たちに任せ、
私は、座敷の片づけやら、布団の用意やらに大慌てした。
ここからは怒涛のような時間がすぎていく。

葬祭場の安置場を利用することもできたが、一旦家に戻ってきてよかった。
もうここには戻れないだろうと思っていたが、こんな形ではあるが、
一晩家で過ごすことができた。

葬祭場の方との打ち合わせ、それに伴い、
各業者(写真屋、花屋、仕出し屋、 ギフト業者)と次々と打ち合わせをする。
決めることが多く、悲しむ間等なかったように思う。

→つづく
[PR]



by ebisuke1014 | 2016-01-21 23:50 | 介護のこと | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
介護のこと
自分のこと
その他
未分類

最新のコメント

初コメです。 実は..
by きょうこ at 22:19
>miyaさん そだね..
by えびすけ at 11:08
結局みんな寂しいんやよね..
by miya at 13:43
聞いた時はおかしくて笑っ..
by えびすけ at 13:05
うちの祖父もそんなでした..
by miya at 08:32
>もくれんさん まぁ、..
by えびすけ at 10:55
えびすけさん、こんにちは..
by もくれん at 22:44
お返事ありがとうございま..
by えびすけ at 11:31
よっちゃんお肌ツルツルリ..
by ひろちまる。 at 20:12
ご無沙汰です~。ひょっこ..
by ebisuke1014 at 23:31

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧