kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

しあわせ

昨日は嘘のように母は落ち着いていた。
立ち上がっても、「こっち来て座り~」と呼ぶと、素直に座ってくれたし、
表情に昨日までの険しさが全くなかった。

トイレにも行ったけど、前のような激しい抵抗もなく、着替えもうんとスムーズにできた。

しばらくすると私にもたれて、うつらうつらと、眠ってしまった。
ほんとにかわいく感じる。
親をかわいいだなんて、すごく不思議な感じだけれど、
介護というのは、本当に育児に似ていると思う。

母のおだやかな姿に私がどれほど安堵したか。
その日の帰りは、幸せと呼べそうな満たされた思いでした。
大げさだけど、やっぱりここ1週間ほどの母の不安定な状態に、内心まいってたんだなぁ、って改めて思いました。

あまり、母の状態に一喜一憂して振り回されてはいけないと思いながらも、
悪ければ落ち込み、良ければ喜び・・・。

悪くても落ち込まないようにしてるつもりだったんだけどな。

でも、良いにしろ悪いにしろ、ずっと続くわけではないのですよね。
だから、その日の状態に過剰に反応せず、
そのまんまを受け止めていくのがいいんでしょうね。

だって、いい状態なのも悪い状態なのも、私のおかげでも私のせいでもなく、
私がどうにかできることではないのですから。

母は入所してから、アルツハイマーの薬をストップした。
施設長さんの経験から、薬が完全に体から抜けるには、1年くらいかかるって。
その間は、脳の中でいろんな動きがあるから、
本当に落ち着くのはやっぱり時間がかかるって。

そういうこともあるし、気長に見守っていくしかないのだろうな。
[PR]



by ebisuke1014 | 2005-12-01 15:53 | 介護のこと | Comments(13)
Commented by r-bl管理人 at 2005-12-01 17:32 x
突然のコメント失礼します。R-Blog 管理人です。

ブログを拝見させて頂き、記事も面白く
綺麗に作られていて、凄くいいブログと思い
ランキングへご参加頂ければと思いコメントしました。
当ランキングサイトは11月からスタートしたサイトですが
おかげさまで日に約1600アクセス以上!
12月へ向けイベントも企画中!
詳しくはこちらをご覧ください⇒http://r-bl.com/?ycon

現在、鋭意リニューアル中のR-Blogへの
ご参加お待ちしています!

http://r-bl.com/?ycon


また姉妹サイトで下記も御座いますので
こちらも併せて宜しくお願いします。
RAFランキング
http://r-af.com/?ycon

STDランキング
http://r-std.com/?ycon
Commented by hana at 2005-12-02 09:58 x
えびすけさんのほっとした気持ちが伝わってきて、私も幸せな気持ちになりました。
普段の仕事では、家族さんの思いや希望まで汲み取って介護に生かす・・・ということがなかなか難しいので、えびすけさんのブログではいつもはっとさせられることばかりです。今日もこれから仕事ですが、家族の方の心情に思いをはせながら仕事をしていきたいと思いました。
Commented by えびすけ at 2005-12-02 12:07 x
hanaさん、ありがとうございます。
うちの親子関係はもっとドライだったんですけどね、
母がこんな風に病気になってから、少しずつ変わってきました。
でも、母のことでこんなに自分が安らいだりすんだって発見は、
嬉しい驚きです。

お仕事としての介護と、家族からみる介護とは、全く違うものですものね。
でも、だからこそ私も参考になること多いですよ~。
Commented by mizzie at 2005-12-03 23:21 x
はじめまして、hanaさんトコ経由で来ました、mizzieです。
hanaさんも書かれていますが、えびすけさんのブログは私にとっても、ご家族の心情を理解する上で、とても参考になりました。有難うございます。
ケアワーカーやヘルパーとしての介護職者は、チームケアや仲間との交代による休息が可能ですけど、ご家族は世界中に一人しかいないのですから、どうかご無理をなさらないで、ご自愛なさって下さいね。
Commented by えびすけ at 2005-12-05 12:08 x
mizzieさん、こんにちは。(何とお読みするのでしょう?)
hanaさんのところでは、よくお見かけしていました。
来てくださって嬉しいです。
mizzieさんも、介護のお仕事をされているのですね。
うちの母がグループホームにお世話になっているのですが、
まだやっと3ヶ月ほどで、まだまだ不安なことがいっぱいです。
つらつらと、思ったことを書いているだけですけど、
またいろいろ情報交換できると、私もうれしいです。
よろしくお願いします。
Commented by mizzie at 2005-12-06 00:37 x
mizzieの発音ですけど、「みずぃ」って呼んでもらってます。僕は本名の姓が「宮崎」なので、そこからつけました。僕は介護の世界に入ってからまだ5週間しか経っていないので、毎日が発見と驚きの日々です。
職業として、公私でメリハリを付けられる介護職者と違って、御家族はそれを完全に切り離す事は出来ない訳ですから、利用できる社会資源は全て利用(それは国民の権利です)して、ご自分のメンタル面が焼き切れてしまわないようにしていて下さいね。
アメリカでは『老人学』という学問領域が出来ていましたし、心理学でも発達心理学に老人心理学が出来た(日本語の本もあります)くらいですし、これから、もっともっと、色んな事が解析・解明されて、良くなっていくと思います。介護職者と御家族という立場の違いもありますけれど、お互い体を壊さない程度に頑張りましょうね。p(^^)q
Commented by えびすけ at 2005-12-06 09:54 x
mizzieさん、なるほどなるほど、ご丁寧にありがとうございます。
そう読むのかな?とは思ったのですが、何かそういう単語があるのかなぁ?と思って(;^_^A でも、由来をしって呼びやすくなりました!

5週間ですかっ!まだいろんなことにドッキドキですね!
いやぁ、こっちまで緊張してしまいます。

グループホームに入る前は、正直辛かったです。
いろんなサービスも受けていましたが、やはり、限界がありました。
今は、グループホームのスタッフの方々に助けられ、
自分の生活も取り戻すことができ、母のことを思いやれる余裕も出てきました。

認知症は、まだまだ解明されていないことも多く、こちらが理解不足なこともあって、
うまく対処できないことも多々ありますけど、
ほんと、もっと解明されて、学ばれていけばいいなぁと思います。

ほんと、頑張り過ぎには注意して、明るく元気でいたいですね。
Commented by mizzie at 2005-12-08 01:16 x
今、『高齢者の心理と看護・介護』という本を読んでいますが、認知所について書かれたページ数は少ないですけど、医学的にも介護としても、有用な情報gあいつくかありましたから、機会があてば読んで見てくださいね、医学書なので少し高価ですが、図書館にももしかしたらあるかもしてません。姉妹書で「老人心理学」というのもありました。
日本は寒くて悲しくなりますが、お互い体には気を付けていましょうね。
Commented by えびすけ at 2005-12-08 23:37 x
mizzieさん、こんばんは。早速、図書館で蔵書検索したんですけど、残念ながらありませんでした。ネットで目次だけ知ることが出来ましたが、なかなか、興味深い項目が多かったです!
姉妹書の「老人心理学」の方は図書館であったので、借りてみたいと思っています。mizzieさんは、こちらも読まれたのでしょうか?
専門書は、普段あまり読みなれていないので、読めるか心配です~。
Commented by mizzie at 2005-12-09 00:37 x
『高齢者の心理と看護・介護』は買いましたが、老人心理学の方は注文時に在庫切れしてたので高齢者の・・・を読んでから注文しようと思っていました。
専門書は、興味のある分野だとかなり面白いですよ。興味が綯い方には難解海な呪文書みたいなものですけど・・・興味が無くても英語が読めるなら、アメリカの大学生向けにかかれた初級本(天文学とか心理学とか)などはかなり面白かったです。
(^^)
Commented by えびすけ at 2005-12-13 17:26 x
mizzieさん、お返事遅くなってすみません!
あ~、私は英語はサッパリ読めません~~~。

そうですか、専門書っておもしろいですか。
ほんと、今まで読んだことがないので、ある意味楽しみです!

今、私は小説で「恍惚の人」を読んでいます。
有名だから、ご存知ですよね?
老人性痴呆にかかったおじいちゃんの話です。
Commented by mizzie at 2005-12-13 20:35 x
専門書は、自分にとって興味のある事柄が『なぜそうなるのか?』の説明がされているので、知的好奇心を刺激されます。興味の無い事なら専門用語とかがホントに呪文書みたいです。(^^)

恍惚の人 は、老人心理学の本にも少し出ていました。映画の方を見ようかな?とか思っていましたが、小説版はどうでしたか?
Commented by えびすけ at 2005-12-14 17:03 x
mizzieさん、こんばんは。呪文書!(笑)そうですね、
きっとちんぷんかんぷん、あわわわわ~~ですね。

「恍惚の人」まだ読み終わってないんですけど、
おもしろいですよ!・・・と言っては御幣がありますが、
すごくリアルです。

視点が家族(特に介護を担うことになる、嫁)なので、
ほんとに、よく分かります。
書かれたのが古いので、世間の環境がずいぶん違いますが、
それでも同感できる部分はたくさんあり、誰にでも
「老い」に目を向けるきっかけになる本だと思いますので、
核家族の現代の若い人たちにも読んでほしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
介護のこと
自分のこと
その他
未分類

最新のコメント

初コメです。 実は..
by きょうこ at 22:19
>miyaさん そだね..
by えびすけ at 11:08
結局みんな寂しいんやよね..
by miya at 13:43
聞いた時はおかしくて笑っ..
by えびすけ at 13:05
うちの祖父もそんなでした..
by miya at 08:32
>もくれんさん まぁ、..
by えびすけ at 10:55
えびすけさん、こんにちは..
by もくれん at 22:44
お返事ありがとうございま..
by えびすけ at 11:31
よっちゃんお肌ツルツルリ..
by ひろちまる。 at 20:12
ご無沙汰です~。ひょっこ..
by ebisuke1014 at 23:31

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧