kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

見舞い

遠方の親戚が、ご夫婦そろって母を見舞い(?)にやってきてくれた。
前回会ったのは、2、3年前の法事の時だ。
その頃母はまだ自宅で生活していたし、
周りの人間には母の病状は正確には伝わらないくらいの、
軽度のものだったはず。

その時から比べたら、かなり進んでしまっている母を見て何と思ったことだろう。

その日の母の状態は良く、わたし的にはいい感じだったけれど、
会話も出来ないし、立つことも歩くことも、視線も合わないそんな母に、
きっとびっくりしたことだろう。

その親戚は父方の親戚で、父が亡くなってからは疎遠になっていたので、
このまま会う機会もないかなと思っていたのだけれど・・・。

親戚の伯父や伯母は、母よりももちろん高齢だ。
母の姿をどんな思いで見ているのだろう。

親戚の伯父や伯母に、久しぶりに会ったけれど、あまり変わらない。
母の急変を見ているからか、周りの「老い」がとてもゆっくりに感じてしまう。

この病気にならなければ、母も10年15年は、まだまだ元気でいられたのに・・・
と少し寂しく思ってしまう。
[PR]



by ebisuke1014 | 2006-05-31 01:02 | 介護のこと | Comments(4)
Commented by mizzie at 2006-06-02 22:08 x
今回は少し内容が重くて、コメントし辛かったんですけど、僕が言いたい事と殆ど同じ事が、V.E.フランクルさんの本で、「それでも人生にイエスと言う」に書かれてますから、興味があればご一読を。
V.E.フランクルさんの本はとてもいいです。
Commented by えびすけ at 2006-06-04 23:50 x
mizzieさん、こんばんは。
記事は、素朴に感じたまま書いただけで、
深い気持ちで書いたわけではなかったんです。

時々母を不憫に思ってしまうので・・・
病気にさえならなければって。

でも、そんな風にばかり考えているわけではないです。
この現実をどう受け止めていくか、、
その答がきっと、その本に書かれているのでしょうね。

早速図書館で予約をいれてみました。
mizzieさんは、いろんな本を御存知ですね。
私に読めるかどうか心配ですけど、
チャレンジしてみますね!!
Commented by mizzie at 2006-06-05 02:27 x
フランクルさんの本って図書館にもあるんだ!!
Commented by えびすけ at 2006-06-05 13:30 x
ええ、検索したらすぐ出てきたので、ラッキーと思いすぐ予約しました。
でも、残念ながら、その作家さんの本はその本のみでしたけど。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
介護のこと
自分のこと
その他
未分類

最新のコメント

初コメです。 実は..
by きょうこ at 22:19
>miyaさん そだね..
by えびすけ at 11:08
結局みんな寂しいんやよね..
by miya at 13:43
聞いた時はおかしくて笑っ..
by えびすけ at 13:05
うちの祖父もそんなでした..
by miya at 08:32
>もくれんさん まぁ、..
by えびすけ at 10:55
えびすけさん、こんにちは..
by もくれん at 22:44
お返事ありがとうございま..
by えびすけ at 11:31
よっちゃんお肌ツルツルリ..
by ひろちまる。 at 20:12
ご無沙汰です~。ひょっこ..
by ebisuke1014 at 23:31

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧