kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

近頃の母

母は元気です。
でも、やはり顔を見ないとちょっと心配になるので、
ちょくちょく見に行きます。

会話は出来ないし、私のこと、分かってるかどうかも分からないけど、
とりあえず話し掛けます。
だって耳が聞こえているのは確かだから。
一方的にじゃんじゃんしゃべります。
母はこっくりうなづいたり、
何か聞き取れないけど、発語したりします。
表情も変わります。

ほんの時々、分かる言葉が聞き取れることがあります。

きっと、心ん中では思ってても、
それがうまく言葉として出てこない(しゃべれない)だけなのだと思う。
だから、私は一杯しゃべりかける。

最近、よく手が動く。
頭の上に手をやって、頭をかいたり、耳をかいたり。

私が手を持つと、
ぎゅーーーーっと指をにぎったりする。
案外と強い力で。

今はそういう反応が、嬉しかったりする。
[PR]



by ebisuke1014 | 2007-01-15 16:35 | 介護のこと | Comments(5)
Commented by mizzie at 2007-01-17 01:10 x
こんにちは。

言語でのコミュニケーションが全く取れない重症患者で占められる医療介護の現場で働く僕ですけど、最近気付いた(再確認した)事があります。それは、

たとえ認知症が進行してしまっても、
言語でのコミュニケーションが確立出来なくても、
食事・清潔・排泄・更衣が全介助の寝たきりになってしまっても、
10人中9人が”この人の精神余命は尽きてるのよ”と言ったとしても、

その人には感情があります。
意思を持っています。
ただ表現手段を無くしただけ。

”生きる屍”に限りなく近付いていたある入所者さんが、
「まばたき」で意思表示する事を見つけて、
そこに小さな達成感と使命感を見出してた'07の僕です。
この事実は近いうちに、
今書いてる小説の中にエピソードとして折り込むつもりです。

そして全職員の中で一番最初にその事実を見つけた僕は、
『俺は、この仕事はやはり天職だ。』
を確信しました。(^^)v
Commented by えびすけ at 2007-01-17 11:48 x
そうですよねーー。
心がなくならない限り、絶対感情ってありますよね。
うちの母も言葉でのコミュニケーションがとれなくなってきましたが、
それは、言葉で表現できなくなっただけで。

私はこれからも、母に話し掛けたいと思うし、
mizzieさんみたく、母のサインを見つけ出したいとおもいます。

mizzieさん、介護物語読んでますよーー。
今、半分くらいまできました。
でもね、登場人物が多くって把握しきれないんです・・・・とほほ。

あれは、やはりmizzieさんの体験談からくるお話ですよね?
何か、今更ながら、GHとの違いにびっくりさせられます。
常に時間に追いまくられるハードな業務なのですね。
Commented by hana at 2007-01-17 12:04 x
えびすけさんのお母様の様子を拝読していると、ホームで働いていたころのとある利用者さんを思い出します。
その方は40代でアルツハイマーを発症し、若かった分進行がとても早く、私が接するようになった50代後半ではかなり病状が進んでいて・・・手足の硬直、無意識な発声といった状態で、すごくたいへんな利用者さんでした。・・・。
でもたまに、ものすごい笑顔を返してくださったり、これでもか!というくらいに強く強く握り締めた手を、目が合った瞬間にふっとゆるめてこちらへ延ばしてくださったり、やっぱりコミュニケーションは「いつも」ではないけど取れていました。うまくはなかったけど、感情の表現がありました。私はあの方が大好きで、よくベッドサイドで一緒に歌を歌っていました。悔やまれるのは、私がきっと持ち込んだのであろうインフルエンザに感染し、あっというまに旅立ってしまわれたこと・・・えびすけさんのお母様の記事を読むたびに、ちょっと切ない記憶とともに思い出す出来事です。
Commented by mizzie at 2007-01-17 19:09 x
介護物語、「現実をベースにして、圧倒的なリアリティーを追及」ってのを目指してます。
だから、登場人物は全て僕の頭の中から生み出された空想の産物ですが、そこで繰り広げられている出来事はほぼ完全に、僕の実体験がベースになっています。
登場人物に関しては、僕のブログからもリンク貼ってますけど『介護物語』で別サイト立ち上げてますから、そちらには登場人靴紹介がトップページになってるのでそこで逐一確認出来ますよ。名前を持って登場したキャラは全員そこに出てますから、良かったらそっちも見てくださいね。リンクは僕のブログのリンク集の中にあります。
Commented by ebisuke1014 at 2007-01-18 11:43
>hanaさん
そうですか、そういった経験がおありでしたか。

一口に認知症と言っても、
GHで暮らす人達それぞれみな症状が違うし、
進行の具合も違いますよね。
入所するまで母しか知らなかったので、
GHに入った当初、母よりも症状が重そうな人が、
介助なしで食事している姿を見て驚きました。

でも、やはり若くして発症すると、進行も早いのですねぇ。
母の場合は60歳頃ですが、それでも、
半年のうちに目まぐるしく進行していきました。

高齢者の場合は、単なる風邪でも侮れませんよね。
でも、集団で生活している以上、
やむを得ない部分もありますよね。
施設ではもちろん、重々気を配ってマスクを着用したり、
注意をされていることと思います。
なので、やはり、その人の寿命であったのではないかと思います。

それでも、やはり心を痛められてるhanaさんなのだと思いますが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

初コメです。 実は..
by きょうこ at 22:19
>miyaさん そだね..
by えびすけ at 11:08
結局みんな寂しいんやよね..
by miya at 13:43
聞いた時はおかしくて笑っ..
by えびすけ at 13:05
うちの祖父もそんなでした..
by miya at 08:32
>もくれんさん まぁ、..
by えびすけ at 10:55
えびすけさん、こんにちは..
by もくれん at 22:44
お返事ありがとうございま..
by えびすけ at 11:31
よっちゃんお肌ツルツルリ..
by ひろちまる。 at 20:12
ご無沙汰です~。ひょっこ..
by ebisuke1014 at 23:31

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧