kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

特養のこと その2

今年の6月くらいに、以前から申し込みをしている特養から近況伺いの電話がはいり、
母の介護度が申し込み時よりもステップアップしていることに驚き、
早速、相談員さんが母の様子を見にやってきた。

その後、そこのケアマネさんと一緒にもう一度母の面接に来ると言っていたのだが、
相談員さんとケアマネさんの都合があわず、延期となり、そのまま放置されていた。

うちも早急に入所を希望した訳ではなかったので、そのままほっていた。
「また、順番が来た時に声をかけてください」ということで答えを返していたからだ。

先日、姉がうちが何番目の入所待ちなのか、電話で問い合わせたらしい。

姉としては、確認の意味でなのだが、そのすぐ後、
相談員さんと、ケアマネさんが早速母の元へ、面接に訪れたらしい。

実際今は空きがないので、うちがすぐに入居可となる訳ではないのだが、
空きが出た場合、優先的に入居の案内がくるような気がする。


今、入所しているグループホームのホーム長さんも、
愛情をもって、介護にあたってくださっている。
私はその気持ちもうれしいし、だからこそ、今のまま看てもらいたいとも思う。
ホーム長さんは、グループホームならではの、行き届いたケアを母に提供したいと思ってくださっている。
母は、声かけに反応もあるし、まだまだ元気でいることができるからと。

ともあれ、経済的な事情、食事が口からとれなくなってからの特養の受け入れが出来ないこと、
そうなってくると、いずれ移らざると得ないと思う。そのタイミングが難しくなってくる。

「家族さんの都合で決めたらいいと思いますよ」とホーム長さんは言ってくださるが・・・

姉は、特養への移動を望んでいるので、答えは私の気持ちひとつにかかっている。

でも、人(母)のことを、勝手に決めてしまうことは、やはり、難しい。
グループホームへ入るときもそうだったが・・・。結果的には良かったのだけれど。
[PR]



by ebisuke1014 | 2008-12-09 14:30 | 介護のこと

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
介護のこと
自分のこと
その他
未分類

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧