kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧




なかなかに・・・

最近の母は、まったく落ち着きがない。
何かの強迫観念にかられたかのように、
必死の形相で歩き回る。

今まで夜、私が会いにいくと、割とソファに一緒に座っていてくれたのだが、
ここ1週間ほどは、座ってもすぐ立ち歩き、座ってもすぐ立ちを繰り返し、
「早く行こう」と私を急かす。
本人は、とにかくその一念しかなく、必死だ。

トイレにいくというので行っても、必死な顔ですぐ出ようとするし、
着替えをするのも動き回るので、時間がかかる。
そしたらまた本人、焦る。

散々動き回って、必死で訴えて、そして気も疲れるのか、
数時間するとだんだん落ち着いてきて、くたっと眠ってしまう。

何だか疲れた子供がぐずって泣きつかれて眠ってしまうな、そんな感じ。

しんどそうだ。

だけど、本人の不安を落ち着かせるすべがなく、ただただ見ているばかりで、
それがまた本人の気持ちをいらだたせる様で、何ともいたたまれなくなってしまう。

スタッフの方は、「まだまだそれだけいろんな“意志”があって動いておられるのだから」とおっしゃっていた。
確かに母にはまだまだ欲求がたくさんある。

でも、その欲求にこたえてあげられることと、あげられないことがあり、
私達は、出来ることを精一杯するしかない。

母の気持ちも時とともに変わってゆく。
この病気は同じでありつづけることは出来ない。
そしてその変化を見守って、そして受け止めていくしかないんだなぁ・・・。
[PR]



by ebisuke1014 | 2005-11-29 12:09 | 介護のこと

よかったぁ

母の腫れあがった悲惨な顔に、内心動揺してしまった私ですが、
腫れは翌々日には、ウソの様にひき、目もしっかり見えるようになりました。
本当にほっとしました。

まぶたが腫れていたのですが、実際はおでこを打っており、目は直接打っていないので、
見ためとは裏腹に痛みはないようでした。
実際は単なる打ち身なので(普通よりは強く打ってるとは思うけれど)、
日にち薬なんですよね。

まだ、打ち身の血はどんどん下がってきて、今は顔全体がどす黒く変色はしていますが、
腫れが無いので、目が見えるので、とりあえず一安心です。
後は時間とともに、キレイになってくるでしょう。

追伸:
この週末は孫(姉の子供)を連れて会いに行ったのですが、反応は薄かったです。
分かるのは分かっていました様ですが。
子供たちがうるさくするので、母は落ち着きません。
母は自分のことで、精一杯の様です。
[PR]



by ebisuke1014 | 2005-11-21 17:09 | 介護のこと

なきむし

私は涙腺がゆるい・・・。
泣くのはスッキリするし、別に嫌いじゃない。
でも、泣きたくないときに、「今はダメ」って時に、
意に反して泣いてしまうのは、本当に困ったもんである。

この泣き虫は、遺伝だろうか。

母もよく泣く。
昔は、泣いたところなど見たことがなかったし、
ずっと、強い人だと思っていた。
子供の前でそういうのを見せなかっただけかもしれないけれど。

ところが、病気をしてから、うんと泣き虫になった。
子供の前でも平気で泣く。

母の心の中でいろんな葛藤があるんだと思う。
今は、うまく自分の気持ちを表現することも人に伝えることもできない、
そんなジレンマもあるんだと思う。
腹立ちも、やるせなさも、孤独も、いろんなものがない交ぜになって、
そして、涙ぐんでしまう。

ホームに入ってからも何度もそういう姿を見た。

スタッフの方に「ごめんね」といっては泣き、
「腹が立つ」と私にこぼしては泣く。(何が腹がたつのかはわからないが・・)

泣く反面、最近は怒りの表現か、スタッフさんに対して強い拒否をする時がある。
母なりに、必死で自分を守るために戦っているんだなと思う。
(決して、誰も母を攻撃するわけではないのだけれど、やはり母の中でまだ信頼関係がなりたっていないのだろう・・・)
特に朝方の不安定なときは、近寄れないという・・・。
少々手をやいておられる。申し訳ない・・・。

早く母の心に平安が訪れてほしい。
[PR]



by ebisuke1014 | 2005-11-18 17:34 | 介護のこと

三度目・・・

母は最近、よくぶつかる。

ドアや、壁に。

右目に青あざを作り、左目に青あざを作り、
なおりきらないうちに、次はおでこを打ちました。

打ったところの血が下がってくるのか、
時間が経ってくると、目元が腫れだし、
まぶたが青黒くふくれあがって、目が開かない状態になってしまいました。

腫れがひどくなってきたので、ホームから救急で病院にかかりますと、連絡が入りました。

幸い、脳に問題もなく、冷やすくらいしか処置がないということで、
すぐに帰ってくることができたのですが。

今日、実際に顔を見ましたが、何とも痛ましく、
胸がつまりました。

こういう状況になったことを、理解しているつもりだし、
受け止めているつもりだったのですけど、
施設長さんと話をしていたら、ふいに涙が出てきました。

別人のように腫れあがった顔で、うつむく母の姿を見たら、
やっぱり内心堪えたのかもしれない。
それに最近、怪我が続いて、心配していたところだったし。

目が見えないから危険ということで、しばらく車椅子を利用することになっているのですが、
母はそれを嫌がるときがあり、それがまた、母を不安定にさせるので、
母にとっても、スタッフさんにとっても、不安定な母を見る私にとっても、
しばらく辛抱が必要となりそうです。

とりあえず、今の傷が癒えるまで、怪我しないこと最優先の生活となりそうです。
皆、「忍」です。
[PR]



by ebisuke1014 | 2005-11-17 00:51 | 介護のこと

ざんねん!

グループホーム入所前、母は犬(我が家の飼犬)を気にかけていました。

犬と居ると母が機嫌が良いので、
ヘルパーさんも、犬を連れて母と散歩へ行ったりして時間を過ごしていました。

犬を相手にしていると、和むのでしょうね。
ドックセラピーですね~(^^)

ホームへ入所してから、犬に会えなくなったので、連れて行ったら喜ぶだろうと、
犬を連れて散歩がてら会いに行ったのですけど、母はいっこうに無関心・・・。

それどころか、散歩を楽しむ風はなく、早く帰ろうという。

犬がじゃれついてきても、違う方に手を出したりして(あまり見えていないのかな・・・・。)
コミュニケーションはとれてませんでした。

認識はしているようなのですが、あまり、関心を示してくれませんでした。

今の状態では、あまり効果的ではないのかもしれません。

その日、少し熱があったらしく、調子が悪かったのかもしれません。
落ち着きがなく、「帰ろう」というので、ホームに帰ったのですが、
靴を履き替えるときは少しパニック状態になり、
じっとしてくれなくて、一苦労してしまいました。
中に入ってからも、不安定でした。

こちらが良かれと思うことも、本人にとってはどうかは分かりませんね。
母の関心ごとが違うことに移っているのかもしれませんし、
その日の調子が悪かったのかもしれません。

犬作戦、失敗。ざんねん((o("へ")o))
[PR]



by ebisuke1014 | 2005-11-14 12:08 | 介護のこと

できること

母がグループホームに入所して、2ヶ月が過ぎ、
母も私自身も、少しずつこの生活に慣れつつある。

入所当時は母の様子が気になって、顔を見ないと落ち着かなかったが、
最近は、ホームに居てると思うと安心して、
正直、行くのが面倒臭くなるときがある。

それでも行けば行ったで、来てよかったと必ず思うのだけれど。

私は母の介護を、グループホームという施設にお願いすることに決めた・・・
だから、実際、私がホームへ行っても、することは
トイレの介助、着替え、添い寝、あとは日課の「こぶちゃ」を飲ませることぐらいだ。

生活のほとんどすべてをお願いしているのだから、
私が後すべきことは、ただひたすら頑張って「会いに行く」ことだけなんだと思う。

それが私の担うところだ。

だから、やっぱり、頑張って会いにいこうと思う。
[PR]



by ebisuke1014 | 2005-11-12 02:02 | 介護のこと

つんのめり

母は、病院から「パーキンソン症候群」と診断されている。
診療内科に通ってすぐに、手のふるえがあることなどから、そう言われていた。

ひじを曲げ伸ばしすると、カクカクカクと何段階かに分かれたかの様に、
ぎこちない感じ。

でも、比較的足の方はしっかりしていたのだが・・・。

グループホームへ入る少し前あたりから、体の傾きが目につくようになり、
傾いたまま、自分で戻せない状態(傾いているという自覚があまりないようだ)があったりした。

自宅でも、そのせいで、転倒しまっすぐ立てない状態になって、
救急で病院へ行ったりしたこともあった。

グループホームへ入所し、ホームの中でつま先の開いたスリッパやシューズを履いていたのだが、
前に体重がかかるのか、つま先が飛び出してしまうということで、
最近は、つま先のあるものを使用するようにしていた。

視野が狭くなっているのか、傾きが出るせいか、
扉に右顔面を打ちつけ、青あざを作ったのがつい1週間ほど前。

続いて左顔面を今度は廊下(?)かどこかで打ち、両目に青あざ・・・・。

ホームで転倒はまだ無いのだが、少々心配していた矢先、

昨日、つんのめりがあり、非常に危なかったという報告を受けた。

とっとっとっとっとっ・・・と、つんのめりが加速していって、
本人もびっくりしたのか、ショックだったのか、
涙していたらしい・・・・。

少しずつ小股歩きになっていたのも気になってはいたのだが、
やはり、症状が進んできているのかもしれない。

こうなってくると、やはり転倒が一番心配だ。
[PR]



by ebisuke1014 | 2005-11-09 01:24 | 介護のこと

『白愁のとき』 夏樹静子著

読みました。

アルツハイマーをテーマにした小説と聞いて、
興味をそそられ読んでみました。

ある男性が、若年性アルツハイマーにかかり、その経過が本人の視点で、
約半年にわたり描かれています。

この本は約10年ほど前に書かれており、
その頃は今よりもっと、まだ謎の病気であったと思います。

でも、すごく作者の方は勉強されたのでしょうね。

まだ何故この病気になるのか、分かっていない段階ですが、
いろんな可能性があるといわれています。そんな中で、

造園設計家というクリエイティブな仕事をしている、
働き盛りの51歳の男性という設定にしたり

本人を、うつ病にはなりにくいとされる、楽天的なタイプとしたり(それでもうつ状態になったけど)、

若年性の場合は、遺伝の可能性も?ということで、
彼の伯母が、同じ病気であった・・・・としたり、

・・・と工夫されています。

早期の発見で、病気の進行が、本人の視点で語られるというのも、
意外なストーリーでした。

小説としては大変おもしろく読めました。
フィクションということで、ドラマチックな内容が盛り込まれていたり、
発症すぐから半年の間の出来事にしぼられているので、
本人の精神的な苦悩にスポットがあてられています。

ラストも、暗い顛末にはせず、明るく希望をもったものでした。

ごく特殊なパターンの設定でもあり、リアリティーには欠けると思いましたが、
今後は、若年性の認知症も増えてくるでしょうし、
そうフィクションの世界だけでなくなるかもしれません。

もし自分が・・と置き換えられる話です。
その時はどう生きるだろう・・・、人事でなく考えておいていいかもしれません。
[PR]



by ebisuke1014 | 2005-11-03 11:37 | 介護のこと

それも自然な姿として。

母はグループホームでとても気を遣って生活している。

すぐに「すみません」と謝ったり、
「こう言っとかなあかんねん」と私に耳打して、
スタッフの方に「ありがとう」と言ったりする。

そしてすごく気にする。
私とスタッフさんが話していると、
「怒ってるんじゃないか?」とか、
「イヤなことを言われているんじゃないか」と疑い、
不安定になってしまう。

例えそれが他の人の話であっても、
自分のことなんじゃないかと敏感に気にする。

分かっている部分と、分かっていない部分が、
ごちゃまぜにあり、不安定になりやすい。

すごく落ち着いて調子のいい日、不安定で調子の悪い日。
まだまだいろいろだ。
調子の悪い日はスタッフさんを「拒否」するときがあるという。
また、昼間は誰でも良くても夜はダメとか。

昨日はいわゆる「調子の悪い日」だったみたいで、
そういう時は、落ち着かないのですぐ分かる。
それに、愚痴めいたことばかり連発するし。

真に受けている訳ではないけれど、何の根拠もないわけでもないと思う。
母にとって、不服なこともあるんだと思う。
例えそれがちょっとしたことでも。

人の気持ちや、動作に敏感だから。
きっとそういうのは漠然と伝わっていそうだ。

でも、気を遣うのも悪いことじゃないと思う。
そういう緊張(?)も必要だと。
それに、いい時・悪い時、それも母の自然の姿として受け止めていこうと思う。
施設長さんもそうおっしゃってくださった。
今日は、利用者さんとケンカもしたそうだ。
大いに元気ありだ(笑)
[PR]



by ebisuke1014 | 2005-11-02 10:41 | 介護のこと

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
介護のこと
自分のこと
その他
未分類

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧