kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

<   2006年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧




それでも人生にイエスという

私が5月31日の記事で母の人生を嘆くような記事を書いたとき、
mizzieさんが紹介してくださった本、「それでも人生にイエスという」を読みました。

この本は自ら強制収容所に居た経験を持つ、精神科医のV・E・フランクル氏の
講演をまとめたものです。

「生きる意味」について、たとえどんな過酷な状態であっても、
人間は生きる意味を見出すことができると書かれています。

人生に「生きる意味があるのか?」と問うのではなく、
人間は、人生に常に問われている立場であるという見方で、
どんな苦難や苦悩、病気や死に対してもその都度それに、
答えていかなくてはいけないのです。

全体を通して、自分自身にもひびく内容でしたが、
母のことに限って言えば・・・

不治だと考えられていて完治した精神病患者の例をあげて、
「精神医学でよくいわれる外面的な「動きの乏しさ」のかげに、心の豊かさがある。」
ことが書かれいました。

母が自分の思いをうまく話せなくなって、表現が乏しくなっている今ですけれど、
内面はきっと、「心の豊かさ」を失ってはいないでしょう。

その証拠とも思われますけど、最近調子の良い母の口から、
「ありがとう」の言葉が出ました。

きっと内心では今までも変わらずあったのでしょうけど、
それが言葉に出るか出ないかだけだったのでしょう。

それからもう一つ、
たとえ非生産的な不治の患者であっても、
「愛されている人間は、役に立たなくても、かけがえがない」

その唯一性において、それはその人の存在する価値だということです。

私にとって、母がかけがえのない存在である以上、
母には生きる意味があるということなのです・・・よね??

とても、良い本でした。
自分自身のこれからの生き方、考え方にも、プラスになったと思います。

mizzieさん、ありがとうございました!
[PR]



by ebisuke1014 | 2006-07-02 09:12 | 介護のこと | Comments(4)

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

初コメです。 実は..
by きょうこ at 22:19
>miyaさん そだね..
by えびすけ at 11:08
結局みんな寂しいんやよね..
by miya at 13:43
聞いた時はおかしくて笑っ..
by えびすけ at 13:05
うちの祖父もそんなでした..
by miya at 08:32
>もくれんさん まぁ、..
by えびすけ at 10:55
えびすけさん、こんにちは..
by もくれん at 22:44
お返事ありがとうございま..
by えびすけ at 11:31
よっちゃんお肌ツルツルリ..
by ひろちまる。 at 20:12
ご無沙汰です~。ひょっこ..
by ebisuke1014 at 23:31

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧