「ほっ」と。キャンペーン

kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧




それでも・・・

先日、「介護の仕事に志をもって入ってきた仲間が辞めていく」っていう、
現実を語ったCMの話を書いたけれど、
うちの母が利用しているような、
小規模の施設であるグループホームなどは、
比較的、理想的なケアが出来る場所なのではないかと思う。

一人に対する時間が、医療介護施設等よりも多く取れるし、
利用者のADLが比較的高いこともあると思う。

利用者と向き合う時間が多くあるからだ。

それでも、私がグループホームに出入するようになって2年の間に、スタッフの入れ替わりを多く見てきた。

やはり、それには、経済的な理由も多いだろうし、
小規模故の理由もあると思う。

少し話は逸れるが、
先日行くと、母の尿が昨晩から出てないと、
スタッフさんから報告を受けた。

ほぼ、20時間くらい出てないと。

ちょうど私が母の居室に入ったとき、
「やっと出た!」と、
別のスタッフさんにおむつ交換をしてもらってる時だった。

その知らせを聞いて、皆がとても大喜びしてくれました。
そこに居る人たちが皆心配してて、
皆、喜んでくれて、何かすごい一体感(?)でした。

グループホームは、
一人一人と深く関われるとは言え、
それで理想的な介護が出来ているか、
その人の志どおりかは別の話で、
ここでも、離職率が高いということは、
その他に原因があるということですよね。

どこかに不満がある訳です。
そこを改善していかないと、
今後、困るのは自分達。
誰も他人事ではないはずですよね。
[PR]



by ebisuke1014 | 2007-07-27 15:31 | 介護のこと | Comments(0)

ベストライフのCM

「介護の仕事に志をもって入ってきた仲間が去っていきます」

・・・というナレーションで始まるCM。

おもわず、テレビに反応してしまいました。
まだ、一回しか見たことがないし、
映像もはっきり見てないんだけど、
すごくインパクトありました。

その後のナレーションのくだりが、
「介護制度にあなたの声をください。
介護士が希望を失う前に」
というようなことが続くんですけど。

介護制度について、介護の現実について、
また、介護士の職業的立場について、
世の中に一石を投じてますよね。
ついに、CMでも訴えられるようになったか!
と嬉しく思いました。

介護職に携わっている人や、
介護制度を利用している人などには、
現実として触れる機会があっても、
それ以外の人たちにとっては、
「介護」と言っても、未知の世界だと思うし、
介護士のお仕事も知る機会がないと思います。

でも、こんな風に声があがることで、
少しでも、
頑張っている介護士さんが報われる環境に、
なっていけばいいなと思いました。
[PR]



by ebisuke1014 | 2007-07-23 11:57 | 介護のこと | Comments(6)

明日の記憶

最近は、母の状態も大きく変わることなく、
緩やかな下降線をたどっています。

グループホームにお世話になって、二年目。
一年目は、目まぐるしく状況が変わり、
やはり、一時的に進行が早まったような気がしました。
それは環境が変わったためですけど、
自宅にいても、半年の間で、大きく変化していましたから、
同じだったかもしれません。

入所したときは、まだ歩いていたなぁ、とか、会話してたなぁ、とか、この数年での変わり具合に、びっくりしますが、
本当に進行が早いです。

ほんの数年前の写真に、映る母の姿を見ると、今の状況が信じられないような気がします。

もちろん、想像できなかったことです。

昨日、テレビで「明日の記憶」がやっていましたが、
その主人公も若年性アルツハイマーで、
想像以上の進行ぶりでした。
自分も、また家族も想像できないと思います。

発病初期の、日常生活に支障をきたし始めた頃の、自分自身との葛藤の頃が一番、辛いと思います。

そんな本人が一番辛いときに、
母に優しく出来なかったことが、やはり今でも、後悔ですが、
病気に対しても予備知識が浅かったり、
なかなか、理解出来なかったりしました。

それよりも、母の変化にこちらが戸惑うばかりで、
相手を思いやる気持ちよりも、ストレスの方が大きかったです。

映画でも、お互いのストレスがぶつかり合うシーンが出てきますが、
分かるなぁ、と思いました。

映画では、
旦那さんが奥さんのことを分からなくなってしまうのですけど、
それでも、一緒に生きていこうとするんです。

そして、自宅介護を続けられるんです。

自分のことを忘れてしまっても、
それでも、やっぱり、「私が居ますから」って手を握り続けていくだろうな。

私、映画の最後のシーンが好きなんですけど、
いろんなことを忘れてしまっても、
「優しい気持ち」
って消えないんだなぁって。
人間の根っこは「優しい気持ち」なんだなって。
そんな風に思えるシーンなんです。
[PR]



by ebisuke1014 | 2007-07-02 14:53 | 介護のこと | Comments(6)

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

初コメです。 実は..
by きょうこ at 22:19
>miyaさん そだね..
by えびすけ at 11:08
結局みんな寂しいんやよね..
by miya at 13:43
聞いた時はおかしくて笑っ..
by えびすけ at 13:05
うちの祖父もそんなでした..
by miya at 08:32
>もくれんさん まぁ、..
by えびすけ at 10:55
えびすけさん、こんにちは..
by もくれん at 22:44
お返事ありがとうございま..
by えびすけ at 11:31
よっちゃんお肌ツルツルリ..
by ひろちまる。 at 20:12
ご無沙汰です~。ひょっこ..
by ebisuke1014 at 23:31

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧