kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧




近いからこそ

先日、近所の親戚(母の兄夫婦)が、
母を見舞ってくれたそうだ。

母は生まれた土地に、結婚してもずっと暮らしていて、
4人居る母の兄たちもみんな同じ町内に住んでいる。

そして、今居るグループホームもまた、同じ町内。

ずっとこの町で暮らしているので、
今まで交流のあった友人なんかも、近所の人。

なので、母のもとへは、頻繁に人が訪れる。

近所なおかげで、私もしょっちゅう行くことが出来る。

やっぱり、皆足を運びやすいんだろうと思う。

そう思うと、やはり、この場所にいるメリットって大きいのかなって思う。

特養の話があるけれど、そこも近いのだけれど、
今のGHに比べたら、遠くなる。町が変わるからね。

先日の叔父たちの話では、
叔父達が話しかけると、母は笑うそうなので、
まだまだ、覚えているんだと思う。

そう思うと、出来るだけ皆に近いところで居てあげたいと思う。
d0052213_14352658.jpg

[PR]



by ebisuke1014 | 2008-06-26 14:34 | 介護のこと

特養見学

先日、特養の相談員の方がお母さんの現状を把握しに、グループホームへ来られた。

ADLについての質問には、ホーム長さんが答えてくれて、
その中で、母の飲み込みが悪くなっているという話の流れで、
ゆくゆく胃ろう等になった場合の話になり、
特養での対応を聞いていると、
意外なことに、現在胃ろうの利用者さんは、100人中1人だそうで、
専門のスタッフも1人だそうだ。

なので、新規の胃ろうの利用者さんは受け入れてないという。
利用者さんが胃ろうになった場合は、面倒をみてくれるらしいが。

胃ろう等になった場合は、グループホームではなかなか対応が難しいという話は、
ホーム長さんから聞いていたので、
そうなったら、特養かなって漠然と思っていたので、
そういう訳にはいかないのだということが分かりました。

・・・その後、特養の施設見学に行きました。
以前、施設が出来たばかりの頃に一度見学に行ったのですが、
その時はすべてが真新しく、
キラキラした豪奢なイメージばかりが残ったのですけど、
それから3年経ち、施設もスタッフもまた自分の目も変わったのか、
そんな浮ついた印象は持ちませんでした。

以前はあまり良い印象ではなかったのですけど、
娯楽施設や、見た目ばかりが重視されている様で、
介護の方はどうなの?という感じが、
今回は、グループホームの延長としてとらえることができました。

ユニット式で、家庭的な雰囲気を目指しているので、
グループホームと似た雰囲気がありました。
一緒に行った、姪っ子も「ばあちゃんが居るとこと同じや~」と言っていたくらいですから。

良いなと思ったのは、お風呂の設備が整っていること。
(車椅子とストレッチャー式のがありました。もちろん個浴もあり、ヒノキを使用してました。)

後、料金が、減額の制度が適用されたら、今よりも格段に安くなること。
(母の場合、年齢が若いので、長期になることが予測されますので、これも重要。)

思ったほど心象も悪くなく、今回改めて見学に行って良かったなって思いました。
新たに、分かったこと感じたこともあったし。

一応、このまま順番待ちをすることにしました。

介護度が高いので、入居順位はあがるみたいですが、
特に急いでもらうとかそういうことはお願いしませんでした。
(重要度の高い人が8名ほどおられるそうです)
順番がきたら、声をかけてもらうことにして、
それまでは、どのくらい先かは分かりませんが、
今のまま、グループホームに居ることにします。
[PR]



by ebisuke1014 | 2008-06-09 13:44 | 介護のこと

あほらし。

先日書いた記事のこと、

どうも、主人は酔っ払っていて、な~んにも覚えてないらしいです。

何か、あたし、あんなにショックだったのに、
急にばからしくなっちゃいました。

ほんとに、酔っ払いって・・・・・ヾ(●`з´●)ノフンガーーー!!!


後日、「そういえば、聞いた?」ってまた、おめでたの話を始める主人。

「聞いたよ!!!!」って感じです(´ー`A;)


来月、このカップルの披露パーティがあります。
祝福しに行ってきますよん。
[PR]



by ebisuke1014 | 2008-06-09 00:29 | 自分のこと

贅沢者

昨日、近しい人のおめでた話を主人から聞いた。

「いいなぁ~」「羨ましいなぁ~」のつぶやきの後、泣けてきた。

でき婚ということになるらしいけど、
彼女は確か30歳くらいか・・・

私たちは三十過ぎて結婚してはや五年目。

不安と悲しさに襲われる。

だいぶん、こういう刺激に対して強くなってきたと思っていたのに、だめだねぇ・・・。

主人からは、「そんな顔したらあかん!」とか「泣いたらあかん!」とか、
たしなめと励ましをもらったけど、
分かっちゃいるけど、辛かった。

人は人。自分たちの人生を生きなくちゃいけないんだものね。

羨んだって仕方が無い。


母の病気のことがあったら、そんなこと吹っ飛んでたし、
難病と戦う人を見たら、
自分が健康であること自体がどれほど幸せで、
それ以上望むことは贅沢なのだと思うし・・・

それなのに、ちょっと時間が経てば、
また自分の悩みに囚われてしまう。

何かで聞いたのだけれど、
足りないものを数えるより、
足りてるものを数えた方がいいって。
確かに、その方がhappyな生き方が出来そうだ。

足りないものを数えて不満に思うより、
足りてるものに目を向けて、感謝しなくちゃね。

足りないものより、足りてるものの方が断然多いのに、
それなのに、人間って贅沢だよね・・・。
d0052213_11272522.jpg

追伸:いつも行ってるペット屋さんから、花をいただきました。とってもゴージャスです。
[PR]



by ebisuke1014 | 2008-06-02 11:31 | 自分のこと

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
介護のこと
自分のこと
その他
未分類

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧