kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧




クリスマス会

先日、特養のクリスマス会がありました。
私は出席出来なかったのですが、姉が参加してくれて、その時の話を聞きました。

母の居る特養は100床あるユニットタイプのところです。
クリスマス会は、1Fのデイサービスが行われている広間で行われた様ですが、
いくら広間とは言え、特養の利用者さん全員が入れる訳ではなく、
しかもこの春オープンした向かいの有料老人ホームの利用者さんとも合同らしく、
初めから、各ユニットからは6~7割名の出席となっていた様です。(知りませんでした)

それでも、室内はいっぱいで、利用者さんと家族さんは別々の場所での参加となっていた様で、
姉が母の姿を探すと居なかったので、
スタッフさんに聞くと、ユニットの方に居るとのこと。(姉も知らなかったので、え?と思ったそうです)

で、クリスマス会の歌などの催しが終わったあと、
それぞれのユニットへ引き上げ、
そこでケーキを食べて終了だったそうです。

初めてのクリスマス会の参加だったので、
今までの様に、グループホームの様な、アットホームな感じでは難しいのだなぁ、と思いました。

どうしても抱える人数も多いし、それに家族が参加となると、膨大な人数となるわけですから
一同で何かをするとなると、思う様にはいかないのでしょう。

なので、ユニットごとのイベントなども多いのでしょう。

私はその前日に母に会いに行っていて、
たまたまその時に、ボランティアの方がフルートの演奏をユニット内でしてくれました。
姉妹ユニットと合同で、母のいるユニットのリビングで聞きました。

ちょうど季節柄、クリスマスの曲も多く、
フルートの音色はとても優しくて、クリスマスムード満点でした。
ので、私的には母と一緒に聞けたし、とても満足でした。
案外こういう方が家族的には嬉しいかもしれません。

ま、時々は、やはり、特養全体行事も必要なのでしょうけれど。
[PR]



by ebisuke1014 | 2009-12-21 17:06 | 介護のこと

与えられていることに感謝すること

先日歯医者へ行ったら、年内最後で、
次はまた定期点検に入るので、3ヵ月後。

先生が、「しっかり噛める自分の歯があることに感謝して、
クリスマスとお正月をお過ごしください」って言われて、診察終了でした。

その時は、ふふっと笑ってしまったのだけれど、
これ、ほんとだなーって。

自分には健康は歯がある。
だからこそ、ご飯も美味しく食べれるしね。

痛いところや、噛みにくいところがあったら、
どれだけ気になることか。
食事の楽しみも半減ですもんねぇ。

そう思ったら、ありがたいことで、
クリスマスやお正月を健康な歯で過ごせることは幸せなことです。

こんな風に、自分にとって当たり前になってることを感謝しながらすごしたら、
いかに自分が恵まれているか、必要なものが与えられているか、
感謝こそすれ、不足を愚痴ることもなくなりそうです。

と、最近そんな風に、前の記事から思っていたりするわけです。
[PR]



by ebisuke1014 | 2009-12-21 17:04 | 自分のこと

ああ正負の法則

最近、少し「満たされていることに感謝する」という考え方が、
分かってきた気がする。

きっかけは、美輪明宏さんの「ああ正負の法則」という本をかじり読みしたことなんだけど、

内容は、人間は、まぁだいたい正と負のバランスがとれた中に生きていると。
だから、正ばかりの人もいないし、負ばかりの人というのもいないと。

何かに恵まれている人は、ある面では何か足りないとか。
あるものに恵まれてなくても、別の面ですごい才能に恵まれてるとか。

正も負も一生続くわけではないとか。

また、物事には、多面あって、
自分が負と思えることでも、また角度を変えれば正としての要素もあったりとか。

まぁ、そういった正負の法則がかかれてました(あくまでも最初のちょこっとしか読んでませんが~)。

こういう風に考えると、負をなげかずに生きていけそうかなって。

発想の転換ってやつですね。

実際にそういう風に考え方を変えていくと、
気持ちも自然と楽になってきます。

不が気になりだすと、そればかり気になるけど、
そういうときこそ、まず正に目を向けて、感謝すれば、
不の気持ちも減るというものです。

その方が人生、生きやすいし、幸せだと思う。

常に実践するのは難しいかもしれないけど、
心の隅にでもちょっととめておけば、役立つかもしれない。
[PR]



by ebisuke1014 | 2009-12-21 14:49 | 自分のこと

大掃除

今日は母の特養の大掃除でした。

どうやら、今年から(?)年2回、6月と12月に大掃除の日を設けて、
各利用者の居室の掃除(窓ふきとか)やら、衣替えや、後はリビングのお掃除なんかを家族がします。

そして、掃除の後、食事がふるまわれます。

前回は、家族と利用者は別々の場所で食べました。
場所の都合で、ユニット内のリビングでは難しいだろうということと、
利用者と家族で食事内容が違うから・・・ということでした。

前回の大掃除の後にも、大掃除についての感想などのアンケートがあり、
その中に、そういう意見があったのか、
今年は、利用者と一緒に家族もご飯を食べれることになりました。

確かに私も、前回の時に「一緒に食べれないんですか?」と聞いてしまったクチだから、
そういう意見が他にあったのかもしれない。

普段生活を別にしているので、食事を一緒にとるというのは、嬉しいものです。

メニューは定番のカレーで、私が食介をして、完食してくれたので、尚嬉しかったです。

途中激しくむせることが数度あり、少し増えているのかな・・・?
と思ったりしましたが、でも、まだしっかり食べてくれているので、良かったです。

今日も私の呼びかけに、口の端を少し上げ、ニヤリとしてくれました。
[PR]



by ebisuke1014 | 2009-12-06 19:09 | 介護のこと

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
介護のこと
自分のこと
その他
未分類

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧