kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

エターナル・サンシャイン

エターナル・サンシャインという映画を見ました。

「わたしの頭の中の消しゴム」から「記憶」つながり・・・ということで(笑)

でも、今回は記憶が無くなるのではなく、故意的に「無くす」のです。

消してしまいたい過去の記憶を、たった一晩の間に「消去」してしまうのです。

すごい話ですね。そういう会社があってそういったサービスをしているという設定なのですが、
これが実際あったとしたら、つじつまが合わなくなって実生活で支障が出そうですけどね。
ま、そこは映画の世界ってことで・・・

ジャンルは恋愛モノです。

ジム・キャリー扮するジョエルとケイト・ウィンスレット扮するクレメンタインは、
ある日喧嘩別れをします。
仲直りをしようと思っていたジョエルは、クレメンタインが自分との記憶を消したことを知ります。そこで、自分も同じように施術を受けることにするのですが・・・・

ケイト・ウィンスレットが役柄ではぶっ飛んだ役をするのですが、
どうしても「タイタニック」のイメージが抜けきらなくって違和感がありました(笑)
意外とジム・キャリーの平凡な青年役が新鮮で、良かったです。

後、スパイダーマンのヒロインの女性や、ロード・オブ・ザ・リングのフロド役の青年など、
なかなかキャスティングは豪華でした。

ま、それはさておき、「記憶を消す」なんてのは、すごく重要なことなのに、
この主人公たちは、「衝動的」に記憶を消し、
恋人が消したからと言って自分も即「消そう」とするその安易さ。
また、エンディングの「ま、いいっか」的なまとめも、何だか軽すぎて、
共感できませんでした。

また、お話が現在と過去が錯綜して、展開についていくのが大変で、
実を言うと1回目は分からなくなって途中で寝てしまいました。
翌日もう一回見て、やっと理解できましたくらいです(笑)

わざとひねって作ってあるのでしょうが、え?え?え?のまま進んでいってしまうので、
感動とかするヒマないです(笑)

あと、音楽がすごく良かったです。
とっても、心地よくて、ロマンティックで、静かで、ムーディで、うっとりです(笑)

映画のつくりとしてはおもしろいのかもしれませんが、私はあまり好みではありませんでした。
最近、アタリの映画がありません~。
[PR]



by ebisuke1014 | 2006-04-24 22:33 | その他

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧