kokoroのtubuyaki (えびすけの裏日記)

『ガンに生かされて』

今日は、本の感想など・・・・

『ガンに生かされて』 飯島夏樹 新潮文庫

読む前は、こういう闘病の本は、きっと涙なくしては読めないだろうと、
重い雰囲気を想像して、覚悟して読み始めたのだけれど・・・
確かに、体の状態は悪化していき、生死の境をさまよう事態にも何度も陥る。
だけど、そういった状況の中で、逆に気持ちがとても元気で、
生きる力にあふれているのが感じられるのが不思議だった。

文章だけ読んでいれば、この人元気なんじゃないかって、
とてもガンのターミナル患者が書いてるとは思えない。

「生かされている」という強い意識、
そしてその生かされている理由は、自分には使命があり、それは執筆活動だという。
この本のあとがきが書かれたのは、死の5日ほど前だというのだから、驚きだ。

実際に、彼の残したこの本を、彼の死後、私の様に手に取る者がいて、
そして、何かしらの感銘を受け、彼の言葉に共感する。
神様が与えた使命の成果が確実にあるわけだ。

彼の人生が本となり、また彼の残した作品が映画となり、多くの人の目にふれる。
「ガンになってよかった」って言える人の人生を知ることは、
少なからず、人に何かを感じさせると思う。
何を感じるかは人それぞれで、何かを感じてくれればそれでいいと夏樹さんもおっしゃってる。

「命は神の領域」そんな風に、自分の命の期限を神様に委ねて、
心穏やかに、自然の美しさに感動し、生かされていることに感謝しながら、
終末期を過ごされていた。
そこにいたるまでには、きっと長く辛い時期もあったと思う。

そんな彼の言葉だからこそ心に響いてくる。
そして自分が健康であるがゆえに、今どれほど傲慢な思いでいるかが分かる。

「人間なんて五十歩百歩」という考え方には、肩の力が抜けて、楽になるし、

「思い煩いや心配が何かを解決したことなどない。
心配しても心を枯らすくらいだろう。信じることの方が大切だ。」
という言葉には、深く納得する。

病になったからこそ、深める家族の絆があったりします。
四人の子供達や奥様の様子から負のエネルギーは感じられません。
すばらしい家族を築かれたと思います。人生は長さじゃないですね。

素晴らしい本でした。
[PR]



by ebisuke1014 | 2008-10-11 00:45 | その他

ちょっといいにくいことなんかを、こっそりこちらに書いてます。
by ebisuke1014
プロフィールを見る
画像一覧

ライフログ

お薦め本!

その他のLink☆彡

*えびすけのHP
素敵なお話もうYonda?

*hanaさんのブログ
テムテムな日常

*Mizzieさんのブログ
Web Mizzie's Cafe

*kanaさんの介護日記
落ち葉拾いの記

*kanaさんの別ブログ
~ココロの季節風~

*momijiさんの日記
まさ日記

*Vivid Green☆さんの日記
Vivid Green☆


ファン

ブログジャンル

画像一覧